◇樹海ケービング・キャンプの様子

樹海ケービング・キャンプでは,「経験したことのない暗闇に戸惑いながらも,徐々に状況を受け入れていた」,「最後に身体がやっと通れるほど小さな穴の中に身体をねじ込んだときは興奮が最大となり,子ども達から『まじヤバイ』,『これが本物の冒険だ』という声が聞こえた」等冒険の真骨頂を味わった様子であった.